MENU

ADHDは、小さな子供にも起こり、薬を処方されますが、病院の薬に抵抗があるので、一般に購入ができるサプリってあるのでしょうか?ADHDの子供にも使用できるサプリがあるのなら試してみたいという親御さんも多いですよね。そんな方のために、ADHDに効果が期待できるサプリを調べてみました。効果的なサプリの紹介ADHDというのは、脳神経の機能不全によっておこります。特に小さいお子さんには、心のケアを優先的に...

ADHDとアスペルガーというのは、症状がよく似ている発達障害のことです。ADHDとアスペルガーは、併発して発症することも多いです。ADHDとアスペルガーが併発すると、どのような症状になるのでしょうか?ADHDとアスペルガーの併発について調べてみました。ADHDとアスペルガーの違いADHDとアスペルガーにはどのような違いがあるのでしょうか?ADHDとアスペルガーというのは、違った発達障害になりますの...

ADHDは、不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のことをいいます。大人の中には、自分がADHDだということを自覚していない人もいて、仕事をしている人もいます。ADHDの人が仕事をしている場合、どのような問題点があるのでしょうか?ADHDの人が仕事をした場合の困ったところと、その対処法について調べました。ADHDの人が向いている仕事、向いていない仕事ADHDの人というのは、自分が興味...

ADHDには、多動、衝動、不注意の3つの特徴があります。発達障害で、先天性の障害です。ADHDの原因にはどんなものがあるのでしょうか?遺伝はするのでしょうか?ADHDがどのような原因で起こるものなのかを調べて、その治療法をお調べしました。ADHDの原因が気になるという方は、ご参考にして下さい。ADHDの原因は?ADHDの原因は、まだわかっていません。遺伝的要因による脳の機能障害説というのと、環境的...

ADHDという発達障害になる人が増えてきました。ADHDというのは、周りに理解されにくいです。ADHDの特徴はどういったものなのでしょうか?大人と子供とでは、ADHDの特徴に違いがあるのでしょうか?ADHDの特徴を知りたいという方はご参考にしてください。ADHDの特徴はこれADHDは、学校や職場でも支障をきたしたりと、周りに理解されにくい発達障害です。このADHDには、どういった特徴があるのでしょ...

最近では、ADHDという名称も知れ渡るようになりました。ADHDは3歳くらいのお子さんでもわかるものなのでしょうか?また、ADHDの多動は3歳くらいのお子さんでもひどいのでしょうか?ADHDで悩んでいる親御さんのために、3歳くらいでもわかるものなのかを調べてみました。子供はどこから多動になる?子供というのは、すぐに喜んで、ハイテンションになりますよね。どんな子供でも、走り回って動き回っています。自...

ADHDのお子さんの子育ては、様々な困難がありますよね。ADHDの特徴を理解してあげて、ADHDの子供の接し方を考えると、困難が軽減したりします。ADHDのお子さんの育て方を調べてみました。ADHDで悩んでいる親御さんは、自分の育て方が間違っていたのではと不安ですよね。是非、この育て方をご参考にしてみてください。ADHDの子供にはどう接する?ADHDのお子さんには、どのように接するといいのでしょう...

ADHDは、生後すぐに症状がわかりにくく、3歳児検診で告げられることが多いようです。ADHDと診断されるのは、7歳前後が一番多いようですが、この検査はどのようなものなのでしょうか?医療機関でADHDと診断される際にはどういう検査をするのでしょうか?どこに行ったら検査ができるかと疑問におもっている方のためにお調べしました。医療機関での診断ADHDの診断というのは、アメリカ精神医学会のDSM−5という...

すぐに物を失くしてしまったり、片付けが出来ない、計画を立てられずに先延ばしにしてばかり、昔からこういった症状に困っている方、もしかしたら「ADHDでは?」と思っていませんか?ネットで調べてADHDの診断基準や診断シートを試してみた方も多いのではないでしょうか。発達障害と診断される子どもや大人が増えてる中、ADHD(注意欠如・多動性障害)は周囲から理解を得ることが難しく学校や職場などで支障をきたして...

最近になって大人のADHDというのをよく耳にするようになりました。ADHDは注意欠如・多動性障害といわれ脳の発達障害の一つですが、昔は子ども特有の障害だといわれていました。ここ数年の調査によって大人になってもADHDによる症状が続いたり、大人になってからADHDと診断され仕事や日常生活が困難になっている人も多くいることが分かってきています。社会に出てから仕事や会社、社会生活に馴染めず、もしかして自...

近年ADHDだと診断される人が増えてきています。症状が軽い場合は問題ないのですが、日常生活や社会活動に影響が出る場合はなんらかの対処法が必要となります。ここではADHDの治療法の一つ、薬物療法に焦点を当て、主な治療薬の種類やその特徴、服薬の目的、そして副作用などについて紹介したいと思います。ADHDに使われる主な治療薬は?ADHDの根本的な治療というのは今の医療では難しく、完治するというより症状の...

近年、発達障害だと診断される人が増えています。ADHDは注意欠如・多動性障害と呼ばれる発達障害の一つですが、治療にはどんな方法があるのか、また治療すれば完治するのか、ADHDの治療について見ていきたいと思います。ADHDは治療で完治できる?ADHDは落ち着きや集中力が欠ける不注意、衝動性、多動性といったような症状から家庭や職場で困難な状況に陥ることがよくあります。発達障害の一つですがその人の生まれ...

発達障害の一つであるADHD、注意欠如・多動性障害は遺伝的要因が関連しているのでしょうか?もし身内にADHDがいる場合には遺伝して子どももADHDになるのか、父親、母親との関係性や、きょうだいでADHDになる可能性もあるのか気になりますね。ここではADHDと遺伝の関係について見ていきたいと思います。ADHDの原因は?ADHDは、集中力や落ち着きに欠けたり、考える前に行動してしまったりする不注意、多...

発達障害というと何かマイナスなイメージばかりがつきまといますが、ADHDは「天才病」とも言われているのをご存知でしょうか?ADHDの特性で日常生活が難しいという反面、興味のあることならとことん追求しその道で秀でる可能性も大きいんです。ADHDの有名人もけっこういるんですよね。「えー、あの人が?!」と思うような有名人もいるかもしれません。ここではADHDの天才的な特徴と有名人について見ていきたいと思...

発達障害だと診断される子供が増えてきていますね。もしかしたらうちの子供もADHDかも?と心配している親御さんも多いと思います。ADHDの子供の年齢ごとの特徴をまとめましたので参考にして下さい。乳児期 0〜1歳ADHDなどの発達障害は言語や認知などが未発達の乳児では分かりやすく症状がでることはありません。なので生後すぐにADHDの診断はできないのですが、大きくなってADHDと診断された子供達には乳児...

もしかしてADHDかもしれない、と疑いをもったら次に悩むのは「病院に行くかどうか」ではないでしょうか。ADHDの症状が軽い場合や自分で、または周りのサポートを得て改善できる場合は無理に病院で診断を受ける必要はありません。自分でいろいろと対策をしても問題の解決、軽減する兆しが見えない場合は病院でADHDの診断を受けるのが役立つかもしれません。ここでは病院を受診するにあたってのメリットやデメリット、病...