MENU

ADHDは3歳でもわかったりするもの?

最近では、ADHDという名称も知れ渡るようになりました。ADHDは3歳くらいのお子さんでもわかるものなのでしょうか?また、ADHDの多動は3歳くらいのお子さんでもひどいのでしょうか?ADHDで悩んでいる親御さんのために、3歳くらいでもわかるものなのかを調べてみました。

 

子供はどこから多動になる?

子供というのは、すぐに喜んで、ハイテンションになりますよね。どんな子供でも、走り回って動き回っています。

 

自分のお子さんを見て、うちの子は多動なのかな?と不安になったりする方もいると思いますが、いったい、どこからが多動なのかと判断するのはなかなか難しいですよね。

 

小学校入学前までのお子さんは、特に判断するのは難しいです。たとえ、専門の病院で受診をしたとしても、ADHDと診断されるのは珍しいことです。そのくらいADHDを判断するのは難しいです。

 

3歳くらいのお子さんで、ADHDというのはわかるものなのでしょうか?3歳でADHDと判断されたという方の口コミをご参考にしてみてください。

 

寝る時間になっても、動きが止まることがなく、ベッド上でずっと飛び跳ねています。じっとしていられるのはたったの5秒くらいです。すぐに起きて、また飛び跳ねるの繰り返しで、突然動きが止まり眠ります。毎日これが続き、多動からくる入眠障害が続きました。

 

3歳前後だと、ADHDの診断名はあまりつかないようです。しかし、あまりにもひどいので、ADHDと診断され、4歳ごろから治療が始まりました。

 

問題行動というと、常にどこかに登ろうとします。怖いという感覚がなく、ひたすら登って降ろしての繰り返しが続きました。目を離すことができず、家事もできません。

 

3歳くらいの子には、いくら駄目と禁止をしてもわかりませんので、トランポリンやジャングルジムを購入して、そこに誘導するようにしました。

 

3歳くらいのお子さんには、衝動というのはコントロールができませんので、家では環境整備をするようにしました。薬を飲まなくても、とても有効な方法です。

 

棚や扉にはカーテンをつけて、中身を見えなくしたり、トランポリンやジャングルジムを購入して、思いっきり遊べる場所を作ってあげました。

 

このように、3歳くらいのお子さんのADHDは判断が難しいのですが、お子さんにあった対応をしてあげましょう。

 

1歳から3歳くらいは、多動性が目立ち始める時期です。道路に飛び出したり、友達をたたいたり、わがままだったりと、他の子との違いがわかる時期です。

 

3歳から6歳くらいになると、本格的にADHDの症状がでてきます。集団行動がとれず、注意しても聞き入れず、困った行動が目立ちます。先生からこのような行動だと言われて気づく親御さんもいます。家でこのような行動をとらないというときには、ADHDでない場合もあるようです。

 

ADHDは早期に発見して、トレーニングをすることによって、症状を抑えてあげることができます。ADHDとわからずに、子供をしかってばかりいて、うつ病になってしまったりすることもあるようなので、注意しましょう。

 

ADHDの方におすすめなのは、コドミンです。