MENU

ADHDの原因とはどんなものがあるの?

ADHDには、多動、衝動、不注意の3つの特徴があります。発達障害で、先天性の障害です。ADHDの原因にはどんなものがあるのでしょうか?遺伝はするのでしょうか?ADHDがどのような原因で起こるものなのかを調べて、その治療法をお調べしました。ADHDの原因が気になるという方は、ご参考にして下さい。

 

ADHDの原因は?

ADHDの原因は、まだわかっていません。遺伝的要因による脳の機能障害説というのと、環境的要因の説があります。議論が重ねられ、研究されている途中なのです。

 

現在、考えられている要因としては、脳の前頭野部分の機能が異常だということです。研究の結果、神経系に機能異常があると考えられています。神経系は、行動をコントロールしているところだからです。

 

前頭葉というのは、脳の前にあります。ここで、物事を整理整頓したり、論理的に考える働きをします。注意を持続させ、行動をコントロールします。ADHDの人は、ここに何らかの異常があって、前頭葉がうまく働いていないようです。

 

前頭葉がうまく働くのは、ドーパミンという神経伝達物質がニューロンによって運ばれなくてはなりません。ADHDの人というと、ドーパミンがうまく運べずに、前頭葉の働きが弱まります。これが原因で、多動、衝動、不注意という3つの特徴があらわれてくるのです。

 

遺伝的な要因と一緒に、胎児期、発育期の環境的要因も影響を及ぼします。研究が進められていますが、はっきりとした因果関係については結論はまだ出ていません。

 

ADHDの人は、前頭葉の働きが弱いため、五感からの刺激を敏感に感じ取ります。思考よりも五感からの刺激を敏感に感じ取るのです。感覚を過剰に感じ取り、集中したり、論理的に考えるのが苦手になってしまいます。

 

明確な原因はまだ不明なのですが、ADHDと複数の関連遺伝子が素因で、脳機能の偏りを引き起こします。それが原因でADHDの症状がおきるのだと考えられています。

 

親の育て方だったり、しつけが原因というのは誤解です。本当の原因は、先天的な遺伝的要因による脳の機能異常です。これが色々な環境的要因と相互に影響しあっているのです。そして、ADHDの症状がでてきます。

 

ADHDは、親からの遺伝で、子供がADHDになったりするのでしょうか?

 

ADHDは、脳の機能障害が原因です。脳の機能障害には、遺伝的要因が関連します。親からの遺伝の可能性はゼロではありません。

 

ADHDは、家族性や周囲の環境にも原因があると考えられています。家族性といういのは、ADHDの人がいる家系は、ADHDの人がいない家系に比べると、ADHDが発現しやすいといわれています。

 

ADHDは、体質や環境要因が影響して発現します。親がADHDだからといって、子供もADHDに遺伝するわけではありません。

ADHDの治療法は?

まだ、現在ではADHDを薬で完全に治すことはできません。ADHDの乗り越え方を学んだり、ADHDの特徴を緩和するような薬はあります。

 

ADHDの方におすすめなのが、「コドミン」です。