MENU

ADHDの子供の症状って?【これがサイン】

発達障害だと診断される子供が増えてきていますね。

 

もしかしたらうちの子供もADHDかも?と心配している親御さんも多いと思います。ADHDの子供の年齢ごとの特徴をまとめましたので参考にして下さい。

 

乳児期 0〜1歳

 

ADHDなどの発達障害は言語や認知などが未発達の乳児では分かりやすく症状がでることはありません。

 

なので生後すぐにADHDの診断はできないのですが、大きくなってADHDと診断された子供達には乳児期に共通した行動が見られることが多いようです。

 

なかなか寝付かなかったり、寝返りをうつことが多くて落ち着きがなかったり、抱っこされることを嫌がったり、視線が合わなかったりといった傾向があるようです。

 

しかし、このような行動はADHDでない子供の成長過程でも見られる事なのでこういった行動が見られたからといってADHDに結び付けることはできません。

 

幼児期 1歳〜小学校就学

 

この時期にADHDの症状が現れることが多いようです。

 

幼児期になると癇癪を起しやすかったり落ち着きがなかったり、幼稚園などで他の子とトラブルを起こしやすいことからADHDに気がつくことが多いようです。

 

他の子に乱暴してしまったり、我慢できずに癇癪を起こしたり、物を壊したり乱暴な遊びを好んだりする傾向が見られます。

 

こういった行動に対して言葉で注意しても何度も同じ行動をしてしまったりします。また、言葉の遅れが見られることもあります。

 

これは先天的な脳の機能障害なので育て方の問題ではないのですが、周りに理解されずしつけが悪いと思われてしまうことも多々あります。

 

小学生 6歳〜12歳

 

この頃になるとADHDの症状が顕著に現れるようになりADHDだと診断される場合が多くなります。

 

授業中にじっと座っていることが出来なかったり、忘れ物が多かったり、突発的な行動を起こし怒りの感情が上手くコントロール出来なかったりします。

 

また、注意力が散漫で興味の対象も次々と変化し、友達と仲良くできずにトラブルを引き起こすこともよくあります。

 

何度注意されても同じことを繰り返したり、周りからは問題児や怠け者だと思われたりするのですが、本人にすれば悪気があってしているわけではありません。

 

平均年齢では男の子は8歳、女の子は12歳でADHDの診断が下されると言われていますが、この年齢以前でも症状がはっきりと出ている場合はその時点でADHDの診断が下されます。

 

中高生 12歳〜18歳

 

思春期になるとADHDの症状が治まってきますが、学習障害などの発達障害や対人関係がうまく築けず自閉症などとの合併症状が見られる場合があります。

 

また、他人と自分を比べて他人にはできるのに自分にはできないことなどから劣等感を感じやすくなります。

 

その結果やる気がなく投げやりになったり、自分の世界に引きこもりがちになったりして、ひきこもりや不登校などの二次障害を起こすこともあります。

 

 

ADHDの疑いを感じたら?

 

もしかしてADHDなのかな?と疑いを感じたら一度専門機関へ相談されてみてはいかがでしょうか?

 

ADHDなどの発達障害がある場合、適切なサポートを受けられないまま生活していくのは本人にとってとても困難な事です。

 

症状に気付いていれば生活しやすいように環境を整えてあげたり、困難な状況に直面した時にそれを乗り越えられるようにフォローすることも可能です。

 

子供のサポートのためにサプリメントを選ばれる親御さんも多くいらっしゃいます。

 

ADHDに良いといわれるサプリはいろいろとありますが、その中でも子供へのサプリとして人気なのがコドミンです。

 

これを飲み始めて子供が集中できるようになった、友達と仲良く遊べるようになったなどと嬉しい結果がたくさん報告されているようです。

 

サプリなので効果を感じるまでに少し時間がかかりますが、子供が嫌がらないようにサプリはラムネの味に作られているので続けることは苦にならないと思います。

 

ADHDは子供の特性の一つ、困難なこともありますが、その子の良いところを伸ばしながらサポートしてあげたいですね。