MENU

ADHDの薬にはどういうものがあるの?【主な治療薬はコレ】

近年ADHDだと診断される人が増えてきています。症状が軽い場合は問題ないのですが、日常生活や社会活動に影響が出る場合はなんらかの対処法が必要となります。

 

ここではADHDの治療法の一つ、薬物療法に焦点を当て、主な治療薬の種類やその特徴、服薬の目的、そして副作用などについて紹介したいと思います。

 

ADHDに使われる主な治療薬は?

 

ADHDの根本的な治療というのは今の医療では難しく、完治するというより症状の緩和を目的にした治療になります。

 

ADHDに使用される主な治療薬はストラテラとコンサータの二つです。

 

<ストラテラ>

 

脳内のノルアドレナリンの再取り込みを阻害する薬です。24時間血中濃度が安定するようにできていて穏やかに効きますが、効き目が出るまで一か月ほどかかります。

 

食欲不振などの副作用がありますが、副作用の心配が比較的少ないと言われています。

 

<コンサータ>

 

中枢神経を刺激してドーパミンやノルアドレナリンの調整をする薬です。

 

ストラテラとは違い飲んで2時間くらいで効き始めるので登校前や出社前など一日の始まりに飲むことで日中の間効果が持続します。

 

副作用には食用不振、頭痛、寝つきが悪くなるといったことが言われていますが、服用を続けることによって軽減することもあるようです。

 

 

薬の副作用について

 

薬には副作用がつきものだと言われますが、そもそも副作用がどうして起きてしまうんでしょうか?

 

薬を飲む場合、何らかの症状が軽減して欲しいと思って飲むわけですが、この作用範囲が限定的でないことによって思わぬ影響が出てしまうことが考えられます。

 

例えばドーパミンの量を調節したくて飲んだ薬が他の神経伝達物質にも作用してしまったりする場合です。

 

副作用には食欲不振や吐き気、眠気、不眠、頭痛などがありますが、副作用が出るかどうかは飲んでみなければ分かりません。

 

飲んでいたら慣れてきて副作用が出なくなった、違う薬に変えたら大丈夫だったという話もありますので、服用したらしっかりと体の変化を観察する必要があります。

 

また、人間の体には耐性があり、同じ量では同じ効果が期待できなくなる可能性もあります。

 

そういった薬は依存が発現しにくいように慎重に服薬量を調整されたり休薬日を設けるなどの工夫がされ安全性には十分配慮されているはずです。

 

コンサータは作用の仕方から依存性が強いと言われ、薬を止めた時にイライラや震えなどの身体依存はありませんが「この薬がないと怖い」といった精神依存が出ることがあるようですが、これも薬の服用を止めた後徐々に軽減していくようです。

 

それでも治療薬は飲むべきか?

 

薬を飲むべきか飲まないべきかは本人と家族が医師の判断と共に選択するしかありません。

 

今がしんどいので一時的に助けを借り、必要がなくなったら止めるというスタンスで処方されるので服薬と共にその他の環境調整を同時に行っていくことが大切でしょう。

 

治療薬を飲む前にサプリメントで改善を試みるという方法を選択する人も多くいます。

 

サプリメントは薬とは違って効果を感じるまで時間がかかりますが、副作用の心配がないので安心だという声をよく聞きます。

 

今効果があると話題になっているサプリが「コドミン」。

 

ホスファチジルセリンという大豆に含まれている成分が有効成分ですが、ホスファチジルセリンは神経細胞に集中し脳内での血流や情報伝達に重要な働きをすると言われています。

 

治療薬を服用する前に一度試されてみてはいかがでしょうか?詳細は公式サイトでご確認ください。