MENU

ADHDの子供はどういった育て方をするべき?

ADHDのお子さんの子育ては、様々な困難がありますよね。ADHDの特徴を理解してあげて、ADHDの子供の接し方を考えると、困難が軽減したりします。ADHDのお子さんの育て方を調べてみました。ADHDで悩んでいる親御さんは、自分の育て方が間違っていたのではと不安ですよね。是非、この育て方をご参考にしてみてください。

 

ADHDの子供にはどう接する?

ADHDのお子さんには、どのように接するといいのでしょうか?接し方を知って、育て方を学びましょう。

 

まず、指示を出すときには一つずつ出すようにしましょう。長い説明をしてもADHDのお子さんには理解できません。また、ちゃんとしてと言ったり、急いでといったような、漠然とした抽象的なことを言っても伝わらないでしょう。

 

感情的に怒ったりしないで、分かりやすく具体的に伝えるようにしましょう。

 

また、ADHDのお子さんは、言葉で言っても理解できませんので、視覚的な工夫をしてあげましょう。絵やイラストを見せて、具体的に指示しましょう。

 

そして、実際にできそうなルールとか目標を作ってあげます。お子さんに説明して、納得したら、ルールを守るように約束させましょう。

 

ルールが守られたら、ごほうびをあげましょう。シールや、目に見えるごほうびがおすすめです。そうすることで、やる気もおきてきます。このようにして、我慢できる時間を増やしてあげたり、頑張れることを増やしてあげましょう。

 

良いことをしたり、何かが出来たら思いっきり褒めてあげましょう。ほめることで、達成感を得られて、認めてくれたと感じてくれます。

 

目をみて、オーバーに褒めてあげましょう。ADHDのお子さんは、いつも怒られていますので、褒めてあげることは大切なことです。

注意することは?

ADHDのお子さんと接するときには、どのようなことを注意しないといけないのでしょうか?

 

ADHDのお子さんを叱るときには、効果的な叱り方をしましょう。きつい口調でしかるのはやめましょう。感情的にならないようにして下さい。また、他の子と比べるのもやめましょう。細かいことをいっぺんに注意するのもやめて下さい。

 

頭ごなしに怒ると、反抗心を刺激して、逆効果です。静かに穏やかに注意するようにしましょう。

 

トラブルが起きたときには、理由を考えましょう。うまくいかない原因を探り、解決法を探しましょう。子供がやりやすい環境を整えてあげましょう。

 

ADHDの特徴を周りの人にも知ってもらいましょう。子供同士のトラブルも、話して解決できるようにサポートしてあげましょう。誤解を解いてあげて、対処法を一緒に考えてあげて、周囲との協力体制を作ってあげましょう。

 

ストレスをなくしてあげましょう。ADHDのお子さんは、不安や緊張や疎外感が強くなると、症状がひどくなります。ストレスがたまるとうつにもなります。

 

子供に接する大人もストレスがたまります。親御さんの方が、身体を壊したりします。すぐにできるものではないと割り切って、ゆっくりと少しずつ出来るのを待ちましょう。ストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

ADHDの方におすすめなのは、コドミンです。