MENU

何歳からでも始めて大丈夫?

コドミンは、ADHDに効果があると言われているサプリメントです。

 

自分の子供に、思い当たる節があるお父さん、お母さんにとっては、気になる商品ですよね。

 

そんなコドミン、いったい何歳から飲めるのか?

 

疑問に思ったことはありませんか?

 

あまり小さいうちから飲ませるのは不安だし、なんだか抵抗もある・・・。

 

親として、心配になりますよね。

 

そこで今回は、コドミンは何歳から使用できるのか?

 

何歳からコドミンを使えば安全なのか?

 

徹底的に調べて、解説していきます!

 

コドミンを飲めるのは何歳から?

 

コドミンを購入しようかな?

 

と思う理由として、やはり1番の原因は、ADHDではないでしょうか?

 

子供が上手く友達となじめなかったり、授業中に立って歩いたり、騒いだり・・・。

 

周りのお母さんたちからも、後ろ指をさされる日々で、お辛いことでしょう。

 

でも、1番辛いのは、お子さん本人です。

 

ADHDは、しつけや、教育の問題ではなく、生まれ持った体質です。

 

1人1人目や鼻の形が違うように、脳の機能の仕方も、1人1人違うのです。

 

お子さん自身も、そんな自分の体質に、きっと戸惑っていることでしょう。

 

そんな辛い日々から抜け出したい!

 

という気持ちで、コドミンを購入しようと思ったけど、いったい何歳から飲むことができるのでしょうか?

 

3歳〜5歳くらいが良い!

 

調べてみると、コドミンは、3歳〜5歳くらいの間から、飲み始めると良いそうです。

 

なぜかと言うと、自我を持ち始めたり、大人の言うことを聞いたりする力がついてくるのも、3歳〜5歳くらいの間と言われているからです。

 

とくに、女の子は、いろいろな言葉を覚える、文字を書く、お手伝いをするなどの成長も、男の子よりも早い傾向があるため、3歳〜5歳と、幅があります。

 

3歳〜5歳の間には、幼稚園や保育園などで、他の家庭のお子さんとの成長の差も、気になりだす時期でしょう。

 

筆者も、子を持つ親ですが、幼稚園や保育園の行事などで、さまざまな家庭のお子さんを目にする機会があります。

 

1人1人個性があり、もちろん自分の子供も、多少周りと違うこともあります。

 

しかし、明らかに、あれ?と思う子も、いるのが事実です。

 

みんなで歌を歌っているときに、1人だけ手遊びを始めてみたり、お遊戯会の練習中に、癇癪を起して、他の子を叩いたり・・・。

 

親のしつけが悪い!と言う保護者の方もたくさんいますが、中には、ADHDの子もいます。

 

お母さんと1対1で、お家の中にいるときよりも、集団の中にいると、やはり、そういった違和感に気づく方も多いと思います。

 

ADHDの子たちは、自分が思っているように行動できなかったり、どうしても集中できなかったりして、周りと馴染めない子が多いです。

 

そして、親や先生から怒られたり、友達から仲間はずれにされたりすることもあります。

 

そんな負のループに陥ってしまう前に、コドミンを飲むことをおススメしたいです。

 

そんなに早くから飲んでも大丈夫?

 

でも、3歳〜5歳って、まだまだ子供・・・。

 

やっぱりサプリメントなんて不安!

 

と思われる方も多いですよね?

 

コドミンには、ホスファチジルセリンという成分が、主に含まれています。

 

この、ホスファチジルセリンは、簡単に言うと、脳の栄養素です。

 

そのため、早くから飲んだからと言って、子供の成長に悪影響を及ぼすなんてことはないので、心配ありません。

 

以上、コドミンは何歳から飲めるのか?についてでした。

 

とくに、何歳だからダメ!というものはないようですね。

 

お子さんが苦しむ前に、コドミンを飲み始めることをおススメします。

 

>>コドミンの最安値はこちら