MENU

多動性障害については、ADHDという脳の前頭葉の機能が他の人よりも弱い人のことを言います。基本的にADHDは子供が発症する病気なので多動性障害も子供が発症する病気だとされています。では、多動性障害の子供はどのような症状が出ているのでしょうか?ここでは、多動性障害の子供の症状として挙げられる特徴をご紹介いたします。多動性障害の子供の症状多動性障害の子供については、3つの症状がよく挙げられるといわれて...

多動症については、症状は色々な症状がありますが、その中でも一番多動症で本人も困るのが授業中に椅子にじっと座っていられないということです。そんな多動症の子供は友達もできにくいのが特徴ですが、サプリで症状を抑えることが出来るのです。多動症がサプリを摂取することは多動症の症状の助けとなり、日々の生活をストレスの少ないものに変えていってくれます。ここでは、多動症の子供が摂取するサプリにはどんな成分が入って...

落ち着きがない子供を持つお母さんは、「もしかしたら他の子供と少し違うのだろうか?」と悩んでしまいがちですね。他のお母さんからも落ち着きがなくて困った目で見られて本当に辛い思いを子供と親はしなくてはいけなくなります。落ち着きがない子供は、何が原因で落ち着きがないでしょうか?実は、落ち着きがない子供には、単に性格だけでは片づけることのできない障害があることだってあるのです。ここでは、落ち着きがない子供...

多動症については、親でも先生でも手に負えないほどに動きが激しくて周囲が困ってしまうということはよくあります。でも、多動症の中でも3歳や4歳くらいの子供は見分けがつかないことがありますよね。普通の3歳や4歳では、とにかく遊びに夢中ではしゃぐことが大好きです。そのため、3歳や4歳での多動症はどうやって見つけたらいいのかわからないということはあると思います。しかし、もしも多動症だった場合には早期に発見し...

多動症については、子供の頃に発症しており大人になってから発症するというものではありません。しかし、子供の時の多動症の症状が改善されずにそのまま大人になってしまっているケースもあるのです。ここでは、多動症の大人の特徴にはどのような特徴があるのかということをまとめてみました。もしも今、社会人生活が他の人と比べて困難な状況が続いている場合には、こちらで多動症のチェックをしてみることをおすすめします。多動...

多動症については、小学校に入学する時くらいに発覚するケールがとても多いと言われています。小学校以下だと多動症ではなくても同じ様な行動をする子供は沢山いるため、レントゲンでも撮らない限りは子供の多動症は判明しづらいのですが、小学校に入ると多くの時間集団生活が始まりますし、じっとしていなくてはいけない時間も増えますので、多動症の子供の症状は顕著に表れてくるのです。では、一体多動症の子供の場合は小学校で...

あなたのお子さんが多動症と診断されたら・・・と不安になってはいませんか?幼稚園や学校などで多動症かもしれないので、診断を受けてくださいといわれる保護者の方もいるそうです。もし自分の子どもが多動症と診断されたらどうしたら良いのでしょうか。そのとき保護者や指導者、周りの方がやってはならないこと、やるべきことをご説明します。多動症と診断されるとは?多動症は発達障害の一部で、注意欠陥多動性障害と診断される...

多動症と診断された子どもは薬を飲む必要があるのでしょうか?多動症と疑われているだけでも不安なのに、薬で治療が必要と言われれば保護者の方はとても心配ですよね。今回はお子さまが多動症で悩んでいたという保護者の方の感想もまじえながら、ご説明していきます。薬で多動症がおさまる?小学校2年生男子の母親多動症と診断されたのは、小学校1年生のときです。幼稚園や保育園でも「落ち着きがない」「注意力に欠けている」な...

1歳の子を持つお母さんお父さん、多動症という言葉は聞いたことがありますか?近年では1歳の子どもでも多動症と疑われるお子さんが多くなっているとも耳にします。1歳のお子さんをもつお母さんやお父さん、不安になっている保護者のみなさま、安心できるたしかな情報をお届けします。多動症ってどういう症状?多動症とは通常の人に比べて、(一般的な人に比べると)とても活発である人を指します。原因はさまざまありますが、症...

一年生になって学校に慣れるまで大変なのはお子さんだけでなくお母さんやお父さん、保護者の方も同じですよね。そんななか、「うちの子は多動症なのでは・・・」と不安になっている方が近頃とても多いそうです。もしいまこれを読んでいる方がいましたら、不安に思っているのはあなただけではないということを理解してくださいね。もちろん一年生になって多動症ではないかと、学校から言われる方も少なくないようです。一年生という...

多動症と診断されたお子さま、または学校や幼稚園などで多動症かもしれないといわれた保護者のみなさま、とても心配で不安だと思います。そして子どもに対しての接し方に困っていませんか?多動症の子に対する接し方をアドバイスさせていただきます。多動症の子は褒められることより叱られる回数のほうが多くなりがちです。そのような子に対する接し方を間違えると症状や障害が悪化します。気を付けなければいけないのは子どもでは...

学校や幼稚園などで「多動症かもしれない」といわれたことはありますか?多動症に悩むお子さんや保護者の方が増えてきているなか、多動症はセルフチェックで判断することができるのでしょうか?病院にいって「障害」と判断されるのはなんだか気がひける、という方はまずセルフチェックでたしかめてみてはいかがでしょうか?多動症を見分けるセルフチェックの項目をご紹介します。多動症ってなに?まず最近よく耳にする「多動症」で...

多動症の子を持つ保護者のみなさま、自分が多動症で困っているという方、多動症にきくという食べ物があると知っていましたか?食べ物で多動症が完全に治るというわけではありませんが、摂取した方が良い食べ物や成分などをご紹介していきます。多動症にきく食べ物、さけた方が良い食べ物糖質類はなるべく避ける多動症や注意欠陥多動性障害などのお子さまには、糖質類は与えすぎない方が良いとされています。なぜかというと、うつ秒...

「お子さんは多動症かもしれません」そう言われたことはありますか?多動症といってもいろいろな特徴があり、その子どもにより特徴はさまざまです。多動症は発達障害の一部ですが、発達障害とよばれるものを今一度確認してみましょう。うちの子は多動症かもしれない、障害があるかもしれないと不安になりすぎず、まずはそれぞれの特徴について知識を持つことが大切です。発達障害の特徴とは?まず多動症とよばれる、「注意欠陥多動...