MENU

多動症のチェック【大人に見られる症状は?】

多動症については、子供の頃に発症しており大人になってから発症するというものではありません。しかし、子供の時の多動症の症状が改善されずにそのまま大人になってしまっているケースもあるのです。

 

ここでは、多動症の大人の特徴にはどのような特徴があるのかということをまとめてみました。もしも今、社会人生活が他の人と比べて困難な状況が続いている場合には、こちらで多動症のチェックをしてみることをおすすめします。多動症は大人になってからでも薬が合えば十分に症状が改善されて、社会人生活が問題なく送ることが出来るまでになりますので、きちんと向き合うことから始めてみましょう。

 

多動症の大人の特徴

早速、多動症かもと疑う大人の症状をご紹介いたします。

 

〇子供の頃から悩みが多かった
子供の頃から忘れ物が多くて悩んでいたけれども、その他は問題がないので多動症だと気がつかないことがあります。しかし、高校や社会人になる時に躓いて初めて多動症だと分かることも。

 

○集中することが苦手
多動症の場合には、小さな事にも気が散って一つのことに集中することが出来ないということがあります。

 

○計画をすることが苦手
色々なことが1度に目移りしてしまうため、優先順位をつけることは苦手です。

 

○人の話が最後まで聞けない
多動症の人は、1度に沢山の量の情報を頭で処理することが難しいので、人の話も最後まで理解して聞くことが難しいです。

 

○手間のかかりそうな事は先延ばしにしてしまう
多動症の場合は、計画をする事が苦手なので時間の管理も苦手です。そのため、大変そうな物事にぶつかった時にも「一気にやれば何とかなるだろう」と思ってしまうのです。

 

○すぐに忘れる
様々な事に一気に関心が向くので、直近の出来事も忘れがちになります。

 

○すぐに飽きてしまう
多動症の特徴としては、短期間に集中することに関しては得意ですが、何日もかけて取り組むようなものに関してはとても苦手意識が強いです。

 

○1度はまると抜け出せない
多動症の人には、欲求を抑えるということが苦手なので、1度はまったものはずっとはまり続けるという特徴があります。

 

○思い立ったらする実行する
計画性がないので、思い立ったらすぐに準備もないのに実行してしまうというクセがあります。

 

○他の精神的な疾患を発病しやすい
多動症の人は、長期間に長いストレスを感じている人が多いため、自尊感情が低下しており他の精神疾患を発病しているケースがよくあります。

 

まとめ

大人の多動症については、上記のような症状があることが分かりました。これら全てが当てはまるという人はいないかもしれませんが、もしも上記のような症状が当てはまり、今の生活で不具合を感じている場合には、1度専門の病院でしっかりと診断してもらうことをおすすめします。

 

多動症だと診断されても、薬が合えば症状を緩和出来て今以上にストレスから解放された生活を送ることが出来るようになります。病院の扉を開くのは勇気がいることですが、しっかりと治療をしてみましょう。