MENU

多動症の子供は小学校でやっていける?

多動症については、小学校に入学する時くらいに発覚するケールがとても多いと言われています。小学校以下だと多動症ではなくても同じ様な行動をする子供は沢山いるため、レントゲンでも撮らない限りは子供の多動症は判明しづらいのですが、小学校に入ると多くの時間集団生活が始まりますし、じっとしていなくてはいけない時間も増えますので、多動症の子供の症状は顕著に表れてくるのです。

 

では、一体多動症の子供の場合は小学校ではどのような行動や態度が見受けられるのでしょうか?ここでは一つの目安としての症状をご紹介いたします。

 

多動症の子供の小学校での生活態度

多動症の子供の場合、友達が出来にくいという大きなストレスを抱えている場合がよくあります。そのため、一人で孤立してしまうこともよくあり、親としては早期に発見して何とか普通の子供と同じ様に仲良く遊ばせてやりたいと思うはずですよね。そのためにも多動症の子供が行いやすい行動を把握しておく必要があります。まずは、どんな行動に出やすいのか見ていきましょう。

 

○授業中にじっと椅子に座っていることが出来ない
○興味のあるものがどんどん変化する
○忘れ物やなくし物が多い
○突然他人に話しかけたり、話かけようとするとぼーっとしている場合がある
○自分の感情をコントロール出来ない
○トラブルを起こしやすい
○工作やダンスが苦手

 

問題児とされてしまうことも

多動症の子供は上記のような行動を起こすことが良くありますので、結果としてクラスからの問題児として扱われてしまう場合がよくあります。しかし、本人からしてみれば全てえ悪気があるわけでもなく、わざと行っているわけでもないので、多動症の子供にはとてもストレスがかかると言われています。

 

周囲の理解が必要

では、多動症の子供が小学校にあがった時にはどうしたら良いのかと言いますと、まずは周囲の人の理解を深めるということが大切です。小学校の子供はまだ時としてはっきりと残酷な事を言ってしまいがちですので、そのようなことを未然に防ぐ意味でもしっかりと周知徹底をしていくことが大切です。

 

また、多動症の子供本人は、しっかりと症状の改善を図る努力をすることが大切です。いくら周囲の理解があっても本人が努力して歩み寄らない場合は小学校生活が上手く回っていきません。症状の緩和については、サプリメントや薬、食事療法や運動など様々なものがありますので、色々なものに挑戦して症状の改善を計りましょう。

 

まとめ

小学校にあがると、多動症の神殿の行動は顕著に表れてくるということが分かりました。しかし、小学校に入ると集団生活が多くなりますので多動症の子供にとってはストレスが多くかかってしまうものなのです。

 

少しでも多動症の子供もストレスなく生活が出来る様に、しっかりと周囲が理解して本人も症状の緩和に努めたいものですね。症状の緩和については、薬以外にも「コドミン」というサプリメントを使用するということも有効ですので、気になった方は調べてみてくださいね。