MENU

多動症はサプリが有効?【その理由とは?】

多動症については、症状は色々な症状がありますが、その中でも一番多動症で本人も困るのが授業中に椅子にじっと座っていられないということです。そんな多動症の子供は友達もできにくいのが特徴ですが、サプリで症状を抑えることが出来るのです。多動症がサプリを摂取することは多動症の症状の助けとなり、日々の生活をストレスの少ないものに変えていってくれます。

 

ここでは、多動症の子供が摂取するサプリにはどんな成分が入っていてどのように有効なのかということをご紹介していきたいと思います。

 

どうして多動症の子供にサプリが有効なの?

多動症のサプリの中には、「魚油」が含まれていることが多いです。この魚油は、子供達が普段頭の中に入れてきた情報を整理しやすくなるという成分なのでとても脳には良い影響を与えるのです。また、落ち着いて行動することもできるようになると言われています。

 

イチョウの葉には、血液の流れをよくする働きがあるので、脳に送る血液も循環がよくなって働きを安定させる効果があります。

 

そして、今とても多動症の子供にとってとても良いとされている成分が、ホルファチジルセリンという成分です。このホルファチジルセリンという成分は、脳の中の細胞を柔らかくする働きがあり、脳の中の血流を改善する効果があると言われています。

 

血流が良くなると、先ほどもご紹介した通り脳の働きを安定させることもできますが、脳の伝達がスムーズに行うことが出来るようになります。脳の伝達がスムーズにいくようになると、友達との会話の中でもきちんと会話の内容を理解することや先生の言っていることを落ち着いて理解することが出来るようになりますので、今まで友達がなかなかできなかった子供でも、友達を沢山つくることができるようになるのです。

 

ちなみに、このホルファチジルセリンという成分は、大豆から出来ているので何も体に悪影響があるわけではありませんから安心して服用することが出来ます。しかし、大豆の中には本当に少ししか含まれていない成分なので、このようにサプリから摂取することが望ましいとされています。

 

サプリの力を借りて楽しく毎日を過ごそう

多動症の子供の場合、他の子供達から孤立してしまう確率が高いのでどうしてもストレスもかかりやすくなります。そんな時には、このようにサプリを有効活用して症状を緩和させてあげましょう。

 

このホルファチジルセリンという成分が豊富に含まれたサプリに「コドミン」というサプリがあります。名前通り、子供向けに作られたサプリで多動症の子供にはとても有効なサプリとされています。

 

毎日子供が辛い思いをしているのは親が見ていても本当に辛いものです。このような辛い経験ばかりではなく、子供時代に作れる楽しい経験を一つでも多く作ってあげられるように、また、学校生活でも子供が孤立してしまわないように、サプリの力を借りて毎日楽しく生活できるようになりたいものですね。